挑発系マルチブロガー 「イケダ ハヤト」

2020年6月14日

profile

1986年 神奈川県横浜市生まれ。早稲田大学政経学部卒。大学卒業後2年余りのサラリーマン生活(半導体メーカーからITベンチャー企業)を経て、2012年に「プロブロガー」を名乗るようになる。ブログに関してはサラリーマン時代に企業のSNS運用担当となったことがきっかけとなり執筆を始めた。 

自分自身のサラリーマン時代は「冴えない勤め人だった」「とくに営業はダメであった」と供述している。 

 2014年に、子どものより良い養育環境を求め、初めて訪れた時に直感で気に入ったという高知市 万々に移住。 

 高知県からブログのタイトルにあるように「まだ東京で消耗しているの?」と都会のサラリーマンを「社畜」と称し挑発的な情報発信を続けている。

data

 Blog タイトル      まだ東京で消耗しているの?
 URL
http://www.ikedahayato.com/
 月間PV 7686900*
 順位 8994位*(国ランク)
*登録日現在 similarweb 調べ
 Youtube タイトル イケハヤ大学(ネットで稼ぐ学部)
 URL https://www.youtube.com/user/nubonba/featured
 登録者数 4万人
 再生回数 4,512,813

https://www.youtube.com/watch?v=Qa0lGvQrZ9U
Twitter  タイトル      イケハヤ                 
URL       https://twitter.com/IHayato
フォロワー数       200,098 (ブロガーランキング10位)
はじまり      2009年10月

社畜を挑発し続けるインフルエンサー「イケハヤ」

メインコンテンツはブログであるが、ツィッターやYouTubeによる情報発信にも力を入れている。特に最近ではブログよりもYouTubeでの情報発信の方に注力。これからは、テキストよりも映像コンテンツに比重を置いた活動になると公言している。

 ブログの第1人者でありながらも「ブログはオワコン!」と言う内容のYouTubeをアップし物議をかもす。

 ブログのタイトルである「まだ東京で消耗しているの?」にあるように地方都市高知から全国の仕事に疲れているサラリーマンたちに「もっと自由な生き方をしよう 」「こんな生き方もあるよ」と刺激的な情報発信を続けている。「社畜」と称されるようなサラリーマンからすれば羨望の眼差しを向ける存在であると同時にある種の妬みの存在でもあるらしく発言が炎上することも少なくない。   

 マネタイズの方法としては、①ブログやYouTubeでの広告収入②自社商材(出版物等) ③オンラインサロンオーナー収入の3本立で年商1億5000万円を個人で稼ぎ出した。

 サラリーマン生活に失望した色白で細身の優男は、インターネット上でブログという未開の土地を耕し続け、種を撒き、広大な畑を手に入れた。その畑は毎月のように数百万単位の収益をもたらす資産となっている。 

 まだ小さな子供をあやしながら、高知の山奥からYouTubeに情報を発信し続けるその姿は、社畜たちを挑発し自らの暗黒のサラリーマン時代へのリベンジを果たし続けている皮肉屋の「インフルエンサー」そのものだ。

Follow me!